沖縄の伝統的な料理

コラーゲンたっぷりの「てびち」

沖縄の伝統的な料理をあげるときに「てびち」は外すことができません。知っている人も多いかと思いますが、てびちとは豚足を煮込んだ料理のことです。豚足は、脂肪分が少なく、代わりにコラーゲンがたっぷりです。長い時間をかけて煮込むとコラーゲンがプルプルになり、やわらかな食感を楽しむことができます。おいしく食べた後は、お肌がつやつやになるのも嬉しいですね。沖縄の料理屋さんでは、大きめにカットされた野菜や島豆腐と一緒に煮込まれたものや、おでんの具として煮込まれたものなど、そのお店ごとに違ったてびちを味わうことができます。沖縄そばの上にてびちがのったてびちそばというものもあります。旅行中、いろんなてびちを食べてみてくださいね。

栄養満点「ゴーヤチャンプル」

沖縄では、野菜や豆腐を炒めた料理のことを「チャンプル」と言いますが、その中でもゴーヤを使った「ゴーヤチャンプル」は沖縄で親しまれてきた料理です。ゴーヤは苦味があるので苦手という人も多いかもしれませんが、とても栄養価が高い食材です。ビタミンCやカリウム、葉酸が豊富に含まれています。ビタミンCには、白血球を活性化させる働きがあるので、風邪の予防に効果をもたらします。沖縄は長寿の人が多いことでも有名ですが、ゴーヤをよく食べているからだとも言われているくらいです。夏場になれば、ゴーヤは近所のスーパーでもよく並びますので、自分でゴーヤチャンプルを作ることもできますが、せっかく沖縄に行くのであればぜひ本場の味を食べてみてくださいね。

与論島の旅行に詳しい旅行会社を選んで申込する事ができます。正式に申込する前に、具体的な内容を聞く方法も可能です。