沖縄のおすすめ肉料理

沖縄でラフテーを食す!

沖縄の肉料理で外せないのはまず郷土料理のラフテーです。ラフティーとも呼ばれます。いわゆる豚肉の角煮のようなものですが、皮付き三枚肉の豚肉を、沖縄のお酒として有名な泡盛や醤油で味付けした料理です。ラフテーは昔から続く伝統料理です。作り方は豚の三枚肉をまるごと茹でて角切りにします。泡盛やだし汁、砂糖と醤油を入れ、柔らかくなるまで煮ます。味を肉全体に染みこませるために時間をかけて調理されることが多いようです。砂糖は黒砂糖を使用することが多く、黒砂糖を使用したラフテーはコクがありますよ。ラフテーは沖縄そばのトッピングにも使われることがあります。沖縄の名物が両方味わえるのでまさに一石二鳥の料理といえますね。

ヒージャーを食べてみよう。

沖縄の方言でヤギをヒージャーと言います。皆さんはヤギの肉を食べたことはありますか。沖縄県ではお祝い事やお正月など、おめでたい場所でヒージャー料理を食べる習慣があります。沖縄県ではよく刺身やお汁で食べることが多いようです。栄養価も高く、スタミナがつくとも言われています。ヤギ汁はお店でも食べることができますが、とてもクセのある独特の臭いがあります。ですが、このクセのある臭いにはまる人もいます。ヤギの肉は低カロリーですが、タンパク質、鉄、カリウムなどを含んでおり、ダイエット食としてもお勧めできる食材です。本州ではなかなか食べることのないヒージャー料理。沖縄に旅行へ行った際は是非一度食べてみてください。

沖縄ツアーの決めては、やはり綺麗な海を満喫できることです。白い砂浜に、澄んだブルーの海、眺めるだけで気分がリフレッシュできます。